試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
外国の小銭を電子マネーに交換:Pocket Changeをオススメしたい

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

- 外国の通貨を電子マネーに交換する方法 -

 

海外旅行で外国の小銭をいっぱい貯めてしまった貴方、

空港で持ち帰った小銭を電子マネーに交換して有効活用しませんか?

 

外国の通貨を電子マネーに、日本円を海外電子マネーに、自由自在に

交換できるPocket Changeを紹介します。

 

Pocket Changeとは

 

海外に行くと金額が聞き取れなかったり、硬貨の種類が分からなかったりで、ついつい

紙幣での支払いを続けてしまい、その結果財布が小銭でパンパンになったりしませんか?

 

そうして貯まった外国の小銭をどうされてますか?

 

私は再び訪れる予定があれば持って帰り、予定がない場合は帰りの空港の売店でお菓子や

雑貨を買ったり、自販機でジュースを買ったりしてできるだけ消費に努め、それでも余った

小銭は、寄付の箱に入れて帰国していました。外国の硬貨って、日本に持って帰っても

どうせ両替できないですし。。。

 

もし、外国の小銭を電子マネーに交換できるとしたら、それでもお菓子を買いますか?

 

Pocket Changeは、外国の通貨をWAON、Edy、Amazonなどの電子マネーに交換

してくれるサービスです。

 

 

Pocket Changeを使ってみよう

羽田空港に機械が設置されているという記事を以前雑誌で読んで関心を持っていました。

そこで羽田空港を利用するにあたり、自宅でジャラジャラ眠っていた米ドルの硬貨と

1ドル札を持って自宅を出発しました。

 

羽田空港国際線ターミナル到着フロアの、入国審査を終えた到着客が出てくる出口から

向かって右手に100mくらいの所に緑色のATMのような機械が設置されています。

 

これがPocket Changeです。

 

取扱通貨は米ドル、ユーロ、人民元、韓国ウォンと日本円の5通貨です。

外貨と円が取扱対象ということは、海外に行く日本人と日本を訪れる外国人の両方を

ターゲットとするサービスということですね。

 

最初に交換先の国を選び、その後交換する電子マネーを選びます。

 

まずはAmazonポイントに交換してみましょう。

 

スクリーン下のポケットに硬貨を投入します。20枚しか入らないので、分けて入れます。

どうやら取扱対象外の硬貨が混ざっていたようです。

「不明なコインを返却するか、寄付するか?」と聞かれたので、寄付を選択しました。

 

画面表示を見ると、1円玉も1枚混ざっていたようです。投入する通貨の種類を選んだ

記憶がないので、自動的に硬貨を判別しているようです。Pocket Changeできる!

カウントが終わると、「紙幣を入れるか?」と聞かれたので、1ドル札を投入しました。

 

結局、米ドルが$9.10と日本円が1円で、合計873円と計算されました。

という事は1US$=95.93...なので、10%程度の手数料がかかっている計算になります。

手数料が若干高い気もしますが、他に両替の方法がない事を考えれば文句を言えません。

 

確定を選択すると、機械の下の方からレシートが出てきました。

 

Amazonポイントへの交換を選んだのですが、画面には何故かEdyマークが??

 

 

Amazonポイントに交換

レシートの上部にAmazonギフト券のコードが印刷されているので、Amazonサイトで

ギフト券番号を登録します。クレジットカードの利用で貯まったポイントをギフト券に

交換して番号を登録するのと全く同じやり方です。

 

スマホ操作でチャージが完了し、机の中に眠っていた米ドルの小銭が、あっという間に

Amazonポイントに交換され、買い物で有効活用できるようになりました!

 

Pocket Changeすごい!

米ドルの小銭はまだ大量に残っています。

 

今度は微信支付(WeChat Pay)に交換してみます。

US$1.42がCNY8.00(人民元)に交換されました。1US$=CNY5.63...

 

うーん、まあ他に方法がないので文句は言えません。。。

 

レシートの真ん中にQRコードが印字されています。

このQRコードを微信支付(WeChat Pay)のコードリーダーで読み込んでチャージします。

 

残った硬貨を再度WeChat Payに交換します。再びレシートが出て来ました。

 

 

微信支付(WeChat Pay)にチャージ

 

スマホの操作で2つのレシート共にチャージが完了しました。

チャージ完了の画面にPocket Change のロゴが表示されています。

 

ところで、WeChat Payのアクティベートは日本ではなかなか困難です。

アカウントに紐付ける中国の銀行口座を持っていないというのが大きな理由です。

 

実は中国の銀行口座がなくても、既にアクティベートしたアカウントを持つ人がいれば

自分のQRコードを読み取って送金してもらう事で、アカウントのアクティベートが

可能です。私は中国のホテルのフロントスタッフに送金を頼んで、無事にアカウントを

アクティベートしました。

 

但し、日本ではアクティベートしたWeChat Payアカウントを持つ人自体が少ないので、

難易度はやはり高めです。

 

今回は試してないのですが、Pocket Changeのレシート上のQRコードを読み取る事で、

他の人から送金してもらうのと同様に、中国の銀行口座がなくてもWeChat Payを

アクティベートできるのではないかと思います。

 

Pocket Changeで日本円を電子マネーに交換する事で、WeChat Payのアカウントを

アクティベートできるのではと考えていたのですが、後日、日本円をWeChat Payに

交換したところ、WeChat Payが有効化されている必要があるとのメッセージが表示

されましたので、Pocket Changeを使ってのWeChat Payのアクティベートは難しい

かもしれません (修正させていただきました)。

 

とすると、日本円を自分のWeChat Payに人民元でチャージする事も可能なのでは?

まあ、あくまで交換レートに目を瞑る事ができればという意味ですが。。。

日本円をWeChat Payに人民元でチャージする事は可能でした(修正しました)。

 

今回の中国旅行では、帰国時に人民元の現金をWeChat Payに交換して帰宅しました。

既にWeChat Payをアクティベートしたので、今後はそもそも現金を使う機会自体が

激減するのでしょうが、他の国に行った時などは便利に使えそうです。

 

海外旅行からの帰国時に外国の小銭を電子マネーに交換して、財布を軽くして帰宅する

というのは、とてもスマートな旅行サービスと言えるのではないでしょうか。

 

Pocket Changeは羽田空港以外の空港や街中にも設置が進んでいるようです。

詳しくは同社のサイトでご確認下さい。

 

外国の小銭を持て余している方、電子マネーに興味のある方に是非試していただきたい

サービスです。

 

海外旅行で貯まった外貨を電子マネーに交換する Pocket Changeの紹介でした。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.