試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
複数の外貨を1枚のカードに:マネパカードをオススメしたい

JUGEMテーマ:クレジットカード

- 外貨を持たずに海外旅行に出かける方法 -

 

海外旅行の両替が面倒な貴方、海外でのクレジットカード使用に抵抗

のある貴方、日本で外貨をチャージして海外のATMで引き出して使う、

又はデビットカードとして外貨決済できるカードを作りませんか?

 

 

 

 

旅のお供マネパカード

皆様は海外旅行に行く時の両替をどうされてますか?

ただでさえ準備で慌ただしい中、両替にまで時間を使うのはなかなか大変です。

私は最近、海外旅行の前に外貨に両替するという習慣がすっかりなくなりました。

 

以前は現金を持っておいた方がいいかなと思う時は、空港の両替店で小額の現金の両替を

行なっていましたが、最近は外貨を全く持たずに出国するようになりました。

 

これは偏にマネパカードのおかげです。

 

マネパカードは5種類の外貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル)をネットで

買って口座にチャージし、チャージした外貨を現地のATMで引き出して使う、又は

デビットカードとして海外での買い物等で外貨決済に使用できる大変便利なカードです。

 

決済に使った外貨は、マネパカードのアカウントから即座に外貨で引き落とされるので、

円と外貨の交換レートは、外貨を買った時点で確定しており、変動しません。

 

従って、海外で円換算して安かったから買ったはずの商品が、その後進んだ円安の結果、

日本で買うよりもむしろ割高になってしまったというような不幸な事態は発生しません。

 

また、5通貨以外の通貨を使用する国では、マネパ口座に米ドルをチャージしておけば、

米ドルをその国の通貨に両替する形で現地での現金の引き出し、買い物の支払が可能です。

 

 

海外での現金の引き出し

マネパカードを持って海外に出た時に、入国手続が終わって最初にするべき事は、空港で

Master CardのマークがあるATMを探す事です。最初に空港で外貨を引き出しておけば、

移動の電車やタクシーなどの料金支払や、食事をする時にとても便利です。

 

もちろん、空港以外の銀行やモールに設置されているATMでも現金の引き出しが可能です。

Master Cardがメジャーブランドであるせいか、どこへ行っても全く問題なく現地通貨を

引き出す事ができました。

 

ちなみにマネパカードの海外での現地通貨引出し上限は1回あたり現地通貨で30万円以内、

1日あたり50万円相当額以内、1月につき200万円以内に制限されているようですので、

ご留意下さい。限度がある方がかえって安心とも言えます。

 

 

海外での買い物で使用

マネパカードはデビットカードとして、海外での食事や買い物の時にクレジットカードと

同じような使い方も可能です。

 

日本ではクレジットカードに比べ、デビットカードは認知度がやや劣るように感じますが

デビットカードには長所が沢山あります。

 

例えば、一般的なデビットカードは買い物と同時に銀行口座から代金が引き落とされるので、

預金残高までしか使う事ができません。

 

マネパカードの場合、銀行口座からの引き落としではなく、マネパカードのアカウントに

チャージされた資金から決済されますので、そもそもプレチャージした金額しか使う事が

できません。

 

一見不便なようですが、カードを落としても、被害はチャージ金額までに限定されますし、

紛失に気付いた時点でネットを使って資金移動してしまえば、その後不正使用される事も

ありません。

 

また、海外で気が大きくなってついついお金を使いすぎてしまい、後から資金繰で大変な

思いをいう事が起こりにくいのも良い点と言えるでしょう。

 

更にクレジットカード会社から見て、与信行為ではないので、未成年の方でもカードを

作成する事ができるというのも良い点だと思います。

 

このため、クレジットカードを作れない学生が海外旅行に行くとか、未成年のお子様が

海外ホームステイや留学するなどのケースで便利に活用できます。例えば、予めお金を

チャージしたカードを持って行くという方法もあるでしょうし、親が必要に応じネット

外貨を購入し、アカウントにチャージする事により仕送りを行うという方法も可能です。

 

 

外貨をチャージ

マネパカードの最大の特徴は、この外貨を買ってチャージするという点だと思います。

 

将来海外に行く予定のある方は予め円高の局面で外貨を買っておいて、必要に応じて

チャージすれば、実際に海外旅行に行った時、割安な価格で買い物をすることができます。

 

マネパカードはFXを手掛ける株式会社マネーパートナーズが発行しており、ネット上で

いつでもどこでも外貨を買う事ができます。もちろん外貨を円にする事も可能です。

 

外貨を買うための日本円は、ユーザー毎に割り当てられた銀行口座への振込を使います。

ネットバンキングでの振込ができますので、必要に応じて海外から資金移動を行う事も

可能です。

アカウントに入金した日本円で外貨を購入する事になりますが、外貨を買った時点では

未チャージ残高に記録されるので、使う分をチャージ残高に移動する必要があります。

様々な外貨を買っておけば、フットワーク良く海外に出られそうです。

 

また、ネットでの売買が可能なので、円高局面で外貨を買っておくとか、旅行先でネットを

使って外貨を買い足して使用するというような使い方もできます。外貨への両替コストも

非常に有利になっているようです(会社によれば業界最安とか)。

 

1点だけ残念なのは、アカウント内の外貨が運用できず利息が付かないという所です。

使わない外貨は帰国後に日本円に戻すと言う使い方が一般的なのかもしれませんが、

アカウントに預けている外貨をMMF等で運用できるようになればもっと魅力が増すのでは?

 

円高局面で買った外貨を海外旅行に行くまでの間、運用で増やす事が出来れば最高ですよね。

マネーパートナーズさんは証券口座も扱われているので、ご検討をお願いしたいところです。

 

 

マネパカードを日本で使う

マネパカードは、日本円のチャージも可能なので、日本国内でもデビットカードとして

買い物等で使用できます。還元率も1.0%〜最大3.0%と一般的なクレジットカードよりも

有利になっており、年会費がかからないのも素晴らしい点です。

 

円も外貨も1枚のカードで対応できるのは、とても便利です。

 

DAIWA SMART DEPOSIT

大和ネクスト銀行さんでも似たカードをDAIWA SMART DEPOSITと言う名称で発行して

いますが、マネパカードとの提携カードで、同一のサービスのようです。

 

他にも最近、いくつかの会社が同様に外貨を扱えるデビットカードを発行する動きが

続いています。今後は日本でもデビットカードの普及が進んで行くのでしょうか?

 

海外旅行をスマートにするマネパカード、オススメです。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.