試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINE Pay ポイント還元の変更を紹介したい

JUGEMテーマ:クレジットカード

以前紹介した「世の中の全てを2%引きにする」LINE PAYのポイント

還元スキームが2018年6月1日から変更になるようです。

 

新たに始まる「マイカラー」では2%還元の仕組みこそ残るものの、

従来の一律2%還元から、使用状況によって0%〜2%(最大)までの

4段階でのポイント還元に変更されると説明されています。

1. LINE PAYコード

LINE PAYは、便利なキャッシュレスサービスですが、支払の際、カードをリーダーに

通してもらって、サインするというやり方が何とも煩雑でした。

 

数ヶ月前そんなLINE PAYに、気が付いたら、コード表示機能が追加されており、

バーコードとQRコードが表示されるようになっていました。

やっとAlipay、WeChat Pay並みに便利に使えるようになると喜んだのですが、その後

お店やレストランでLINEのQRコードを見かける機会がなく、諦めていました。

 

加盟店リストだと、LAWSON以外は何故か居酒屋がほとんどです。

 

先週再度確認したところ、コード支払可能な店リストに、よく使うココカラファインが

入っていたので、早速試してみました。

 

これまではLINE PAYカードで支払っていたのですが、今回は違います。

「コード払いでお願いします。」と言ったところ、最初は理解してもらえませんでしたが、

画面を見せたりして、何とか分かっていただきました。

コード払、やっぱり便利!LINEさん、もっと使える店を増やして!と思っていたところ、

不思議なメッセージが来ているのに気付きました。

 

2. マイカラー開始!

LINE PAYの大きな強みの1つは2%の高率ポイント還元だと思うのですが、今後は、

一律ではなく、最も優遇される顧客層(グリーン)のみが2%還元で、その他のユーザーは、

1%、0.5%と還元率が低下し、一番下のホワイトだと還元率は何と0%です。

つまり、ユーザーのロイヤリティに応じたインセンティブ体系に移行し、ロイヤリティの

度合いは色で表示され(グリーン、ブルー、レッド、ホワイト)、色(アカウントタイプ)は

毎月見直されるとされています。

 

更にへっ??というルールがあります。

 

FAQの中の「たくさん支払えば、グリーンになれるか?」との質問に対する回答は、

「ユーザー全体の利用状況を元に色を判断するので、必ずなれる訳ではない。」です。

どのくらい使ったら2%還元に辿りつけるか?とか、どのくらいの比率のユーザーが

2%還元になるのか?などの情報が、現時点では一切分からないので、きついですよね。

 

これだけだと、単純に改悪じゃないか、と言いたくもなるところですが、何でも

色に応じたインセンティブが用意されるとの事ですので、期待して待ちましょう。

 

LINE PAYのポイント還元変更の紹介でした。

 

前編はこちら。

LINE Payをオススメしたい

 

続編はこちら。

LINE Pay ポイント還元制度が再び変更

 

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.