試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
香港から深センへの地下鉄アクセスを紹介します

JUGEMテーマ:☆香港旅行

深センは香港に隣接する中国第4位の人口を誇る大都市です。

 

その発展ぶりは、短期間で香港と変わらないレベルに達しており、

街を行き交う電気自動車や地下鉄システムなど、どこか未来都市の

ようでもあります。

 

香港から地下鉄で手軽に行けるので、是非寄ってみてください。

 

今回は香港から深センへの電車アクセスを紹介します。

 

その他の都市の交通アクセスはこちら。

台北

台中

北京

上海

 

 

1. 香港から地下鉄で深センへ

今回の出発地点は香港島の「中環(セントラル)」駅です。

まず、赤がシンボルカラーのTsuen Wan線で2駅、「尖沙咀(Tsim Sha Tsui)」駅に

移動し、紫の西鉄(West Rail)線の「尖東(East Tsim Sha Tsui)」駅まで歩きます。

この乗り換え、駅間の距離が遠く、一旦改札を出て10分弱歩きました。

但し、案内は非常に親切なので、迷わずに辿り着けるでしょう。

乗り換えて東に1駅、深セン行きの始発駅「紅�弍(Hung Hom)」に向かいます。

 

電車を降りると、ホームの反対側が水色の東鉄(East Rail)線です。

行き先は「羅湖(Lo Wu)」行きと「落馬洲(Lok Ma Chau)」行きの2つですが、

終点の一駅手前の「上水」駅までは全く同じ経路なので、単純に先に来た電車に

乗ればいいでしょう。

 

ちなみに本数が多いのは「羅湖」行きで、料金はHK$52.50(約750円)です。

終点の「羅湖」、「落馬洲」、いずれの駅も深セン側の入国審査に繋がっており、

それぞれ深センの地下鉄駅に繋がっているので、どちらの駅で降りても問題なく、

深センに入ることができます。

 

私はたまたま到着した「落馬洲」行きに乗りました(写真は普通車両)。

地下鉄は10両編成くらいですが、前から3両目くらいに一等車があります。

充電設備があることを期待して乗ってみましたが、残念ながらコンセントもUSBも

ありませんでした。

 

「落馬洲」までの一等車料金はHK$で76.80(約1,100円)だったので、普通車に比べ

350円程度高額です。

 

普通車と一等車の違いは、普通車がアルミっぽい通勤シートであるのに対して、

一等車は4人掛けの布製カバーのボックス席になっているくらいで、車内サービスは

特にありませんので、座れるなら普通車両でいいと思いました。

念のため、一等車に乗るには、ホームに設置されているOctopus Cardリーダーか、

一等車への連結部分にあるリーダーのいずれかにカードをかざす必要があります。

電車内では検札があり、車掌が持っている端末にOctopus Cardをかざす必要が

あります。一等料金を支払わないで乗ると、罰金らしいので気を付けましょう。

 

2. 出国審査と入国審査

約40分で「落馬洲」駅に到着しました。

ホームから1フロア下るとコンビニ等の店舗が何軒か並んでおり、その先が香港の

出国審査です。

 

出国審査を出ると、写真の左側に写っている大きな川の上にかかる渡り廊下があり、

これがかつての国境です。現在は国境ではありませんが、中国の入国審査もあります。

 

面白いのは深セン側は川を渡ったところからいきなり開発が進み、高層建築物が

並んでいるのに対し、香港側は手付かずの自然が広がっているところです。

 

渡り廊下を渡って、中国の入国審査に向かいます。

外国人向けの窓口は左奥にあり、窓口の手前に小さなテーブルが設置されており、

中国への入国書類が置かれています (但し、ペンは置いていませんでした)。

 

入国審査を出て、人の流れに沿って進むと、深センの地下鉄駅に到着します。

セントラル駅を出発してから、中国入国までに要した時間は約2時間でした。

 

駅にはSIMカードや地下鉄のカードを販売するブースがあります。

香港と深セン両方の地下鉄で使えるOctopus Cardもここで売っているようです。

 

3. 深セン内の移動

深セン内の移動は地下鉄が便利です。

 

地下鉄は上海や台北の地下鉄と似ており、非常に近代的です。

車内及び駅構内の乗り換え表示も非常に親切なので、迷う事なく使えそうです。

入国審査後の最寄り駅は、「落馬洲」駅からのアクセスの場合、赤のシンボルカラー

4号線「福田口岸」駅、「羅湖」駅は緑のシンボルカラー1号線の「罗湖」駅です。

 

「羅」の漢字が異なっていますが、繁体字と簡体字の違いで、同じ駅名です。

秋葉原のような電気街の最寄り駅、2号線「华强北」駅、又は1号線「华强路」駅、

いずれも15分くらいで到着です。

 

目覚ましい発展を遂げる大都市深センに立ち寄ってみてください。

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.