試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
杭州:支付宝(Alipay)で地下鉄やバスに乗れる街

JUGEMテーマ:中国

 

アリババが本社を置く杭州では、支付宝(Alipay)で地下鉄やバスに

乗る事ができます。

 

杭州市内をスマートに観光する交通手段を紹介します。

タクシーも良いですが、スマホを駆使して公共交通機関で観光地を

駆け巡ってみましょう。

IMG_0678(1).jpg

1. 支付宝(Alipay)

アリババが手掛けるスマホ決済アプリですが、機能は微信支付(WeChat Pay)と

似通っています。

 

レストランや商店でのQRコード決済、携帯電話へのチャージといった基本的な

機能に加え、料理のデリバリー、公共料金の支払、資産運用とまさにスマホだけで

生活に関わるかなりの金銭のやり取りをこなせます。

 

杭州はアリババの本拠のせいか、Alipayの方がより使われている印象でした。

 

2. Alipayにアプリをダウンロード

杭州の主要な観光地は西湖周辺に点在しており、西湖の景色を鑑賞するポイントも

湖の各地にあります。

IMG_0646(1).jpg

歩いて移動するにはやや距離も長いため、効率的に行動するにはタクシーを利用

するか、湖を周遊するゴルフカートのような電動車両を利用するかでしょう。

IMG_0774(1).jpg

但し、いずれの手段も中国語でのコミュニケーションが必要となることから、

中国語を喋らず観光する方法は、シェア自転車、又はバス、地下鉄の利用です。

 

今回はシェア自転車に加え、Alipayを駆使してバス、地下鉄という公共交通機関を

使った観光旅行を楽しんできました。

 

まずはAlipayにバス、地下鉄のミニアプリをダウンロードします。

 

Alipayを立ち上げ、都市名で杭州を選ぶと、バス、地下鉄のマークが表示されます。

Screenshot_20180905-104659.jpg

そこからそれぞれのミニアプリをダウンロードすると、QRコードを利用した料金の

Alipay決済が可能になります。

 

3. バスの代金をAlipayで支払

市内を走るバスには運転手の横に青いQRコード読み取り機が設置されています。

読み取り機はバス停の写真に写っているものです。

IMG_0754(1).jpg

何も考えずAlipayに通常のQRコードを表示させ、かざしましたが反応しません。

 

前の中国の人乗客も全く同じ事をして、運転手から注意を受けていましたが、

内容が聞き取れません。しょうがないので、手持ちの現金で支払いました。

 

その後、バスの中でQRコード画面を眺めていた所、下部にTransport Code

というマークがあるのに気付きました。

 

このマークをクリックすると、「杭州通支付宝公交卡(カード)」という文字の下に

QRコードが表示されました。

Screenshot_20180917-113239.jpg

これがバス代金を支払うためのQRコードです。

 

次のバスで読み取り機にかざしてみると、見事に反応しました。

 

西湖の周りの観光地を周遊するには4番バスが便利です。

中国のバスはこれまで乗った限り、前乗り前払いで後ろ降り、料金は一律です。

IMG_0749(1).jpg

宋城景区というテーマパーク(日光江戸村的な場所)にもバスでアクセスできます。

 

4. 地下鉄代金をAlipayで支払

杭州の地下鉄は現時点では2本だけなので、観光客が乗る機会はあまり多く

ないかもしれません。

 

私は上海行きの新幹線に乗るため、杭州東駅まで地下鉄を利用しました。

 

地下鉄の駅やプラットフォーム、更に電車自体は、中国のデフォルトとも言える

もので他の都市と違いはありません。

 

唯一異なるのは改札機で、AlipayのQRコードを読み取ります。

IMG_0785(1).jpg

AlipayのHome画面のPayからTransport Codeをクリックし、QRコード下の

「切換卡(カード)片」をクリックする事でバスと地下鉄を使い分ける事ができます。

地下鉄利用の際は「杭州地鉄乗車コード」です。

Screenshot_20180905-104909.jpg

 

5. Alipayが使えない人の支払

Alipayのアクティベートができていない方に対しても現金以外の支払方法が用意

されています。

 

それは銀聯カードによる支払いで、バスのQRコード読み取り機、地下鉄の改札の

いずれにも銀聯カードの読み取り機が付いており、料金をカード決済することが

可能です。

 

Alipayが決済に使える状態になってない場合には、中国銀行等の銀聯機能付きの

デビットカードを持参する事をオススメします。

 

アリババの本拠、杭州でAlipayを駆使して観光地を回った話でした。

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.