試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
台湾旅行にPrepaid SIMカードをオススメしたい

JUGEMテーマ:台湾

 

これまで台湾旅行では、最初は海外パケ放題、最近は台湾の空港で

Prepaid SIMカードを買って利用していました。

 

これらの方法でも十分便利ですが、より安く、より有効に時間を

使うため、日本で手に入るPrepaid SIMを紹介します。

 

旅行前に入手しておけば、現地での電話番号を周りに知らせたり、

飛行機の中でSIMを入れ替える事で、到着後すぐに設定不要で

ネットが利用できます。

 

価格も現地で買うより割安でオススメです。


FAREASTONE 台湾プリペイドSIM 4G・3Gデータ通信無制限 速度低下なし 7日 無料通話付き (RS-2XMG-BC7M)


亜太電信 台湾プリペイドSIM 4G・3Gデータ高速通信 速度低下なし無制限 5日

 

1. 台湾旅行での通信サービス

海外旅行でのスマホ利用と言えば、海外パケ放題かモバイルルーターのレンタルが

一般的だったと思います。

 

但し、SIMロック解除が非常に簡単になった事から、最近は現地でPrepaid SIMを

購入して利用される方も増えてきました。

 

台湾旅行で台北を訪れる場合、桃園空港でも松山空港でも空港に通信キャリアの

販売ブースがあり、Prepaid SIMカードを容易に手に入れる事ができます。

 

海外パケ放題に比べ値段が安い上に現地の電話番号が付いており、SIMの入れ替えも

面倒を見てくれてとても便利なので、最近はいつも利用していました。

 

SIMの現地購入は十分に優れた方法ですが、より安く、時間をより効率的に使うため、

予め日本でPrepaid SIMカードを購入する方法を紹介します。

 

この方法の良い点は、1. 価格がより安く、2. 事前に現地の電話番号が分かり、

3. 機内でSIMを入れ替えておけば、到着後すぐに設定なくネットを使える事です。

 

今回、FAREASTONEのデータ通信+通話用SIMをスマホ、亜太電信のデータカードを

タブレットに入れて使用しました。

 

もちろん、2枚共に何の問題もなく、サクサクと繋がりとても便利でした。

使い終わったら捨てるだけで、返却の必要はありません。

 

2. FAREASTONE 台湾プリペイドSIM

このSIMは、有効日数の他、データ通信+通話かデータ通信のみかを選択できます。

データ通信+通話 7日間無制限のカードが、Amazonで1,350円で購入できました。

 

現地の電話番号は、カードの裏面に表示されているので、旅行に出る前に電話番号を

周りの人に伝えることができて便利です。

データ通信のみのSIMカードは、同じく5日間有効なものが850円で売られています。

 

桃園空港で通信キャリアのブースを見ると、5日間有効プランは、データ+通話のSIMが

500NTD(1,800円 @3.6円)、データonlyのSIMが300NTD(1,080円 @3.6円)なので、

Amazonの方が安く手に入れる事ができます。

台湾ドルへの両替での手数料を考えれば、価格差はもう少し広がるでしょう。

 

3. 亜太電信 台湾プリペイドSIM 

このSIMはデータ通信専用のため通話はできませんが、5日間で730円と激安です。

こちらのカードも有効日数にいくつかのバリュエーションがあります。

 

やや不安を感じながら使ってみましたが、全く問題なく使用できました。

 

この値段であれば、テザリングするよりもSIMを直接タブレットに差して使う事に

抵抗を感じません。

 

今回は台湾旅行における通信環境をより安く、より効率的な時間の使用を可能にして

くれるオススメのプリペイドSIMを紹介しました。

 


FAREASTONE 台湾プリペイドSIM 4G・3Gデータ通信無制限 速度低下なし 7日 無料通話付き (RS-2XMG-BC7M)

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.