試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
台北:空港からの電車アクセスを紹介したい

JUGEMテーマ:台湾

- 台北の空港から中心部へのアクセス手段 - 

 

初めての台湾個人旅行を計画している貴方、

空港からの最初の移動が不安じゃないですか?

 

空港から中心部への地下鉄ルートを紹介します。

 

その他の都市の交通アクセスはこちら。

台中

北京

上海

深セン

 

台北の空港事情

 

初めての台湾への個人旅行を計画する貴方のために空港から、台北市中心部への

電車アクセスをご紹介します。

 

台北の空港事情はどこか東京と似ており、2つの国際空港が存在します。

 

1つは、台北市中心部に近く、台湾内のフライトをメインとするコンパクトな松山空港で、

東京に例えると羽田空港のイメージです。交通アクセスが圧倒的に便利なので、こちらの

ご利用を強くオススメしますが、日本発着のフライトで松山空港を使うのは、羽田空港

発着便のみです。

 

松山空港のもう1ついいところは、中国語での発音が簡単なところです。台湾の繁体字では

「松山機場」と表記し、発音は「ソンシャンジーチャン」です。ソンシャンという名前の

お爺さんだと思って発音すれば、割と通じます。

 

松山空港は中心部から近いので、帰国時にタクシーを使って空港にアクセスする場合も、

お爺さんの名前を発音すれば、高い確率で理解してもらえるでしょう。

 

もう1つの空港は郊外に位置し、国際便を中心とする大型の桃園空港で、こちらは東京に

例えれば成田空港と似た位置付けです。

 

以前はバスが主要アクセス方法でしたが、昨年地下鉄が延伸した事により、アクセスが

飛躍的に向上しました。

 

それではそれぞれの空港から台北市中心部への行き方をご紹介します。

 

松山空港から台北市中心部へ

(出典: 台北捷運公司)

 

松山空港の立地は、日本で言えば福岡空港と良く似た印象です。

福岡空港は市内中心部へのアクセスが日本屈指の空港で、直結する市営地下鉄空港線で

博多駅まで2駅、商業の中心地である天神にも5駅でわずか10分強で到達します。

 

松山空港も地下鉄(MRT)駅に直結しており、空港到着口から直進でターミナルの外に出て、

すぐ地下に降ります。通路を道なりに進むと捷運(MRT)の表示があり、エスカレーターで

更に1フロアー下れば、地下鉄文湖線(略称:BR、茶色)の「松山機場」駅に到着します。

ターミナルからの所要時間はせいぜい3,4分というところです。

 

台北の地下鉄の方向は日本と同様、終着駅で表示されるので「松山機場」駅から地下鉄を

利用する方のほとんどは「動物園」行の電車を利用する事になるでしょう。

 

「台北」駅(「臺北車站」駅)への行き方

「臺北車站」駅は東京駅のイメージです。鉄道交通の中心地である台北駅に行くには、

文湖線で3駅目の「忠考復興」駅で、青をシンボルカラーとする坂南線(略称:BL)の

「頂埔」(Dingpu)行きに乗り換え、3駅です。

 

「忠考復興」駅での乗り換えは、高架の文湖線から2フロア下の地下に降りる必要が

ありますが、乗り換えそのものは全く難しくありません。松山空港から台北駅までの

所要時間は20分程度見ておけば十分でしょう。

 

「市政府」駅への行き方

「市政府」駅のある信義地区は、東京で言うと大手町か銀座のような印象の地域です。

W台北などの高級ホテル、新光三越等のデパート、ブランドショップ等が位置しています。

 

個人的には初めて台北を訪れる方がホテルを探すのであれば、この地域がオススメです。

買い物や夜市に行くにも便利ですし、飲食店もたくさんあります。デパートの地下には

日本で見慣れた店を含め、数多くの飲食店が営業しており、台北101にも歩いて10分

くらいで行くことができます。

 

空港から「忠考復興」駅までは台北駅への行き方と同じですが、坂南線(略称:BL)で

台北駅とは逆方向の「南港展覧館」行きに乗り換えます。こちらも3駅で到着します。

空港からの所要時間はやはり20分程度見ておけば十分です。

 

台北101への行き方

台湾を代表する高層建物、台北101の最寄り駅は「台北101/世貿」駅です。

 

松山空港から最寄駅までは文湖線で4駅移動した「大安」駅で淡水信義線(略称:R、赤色)の

「象山」行きに乗り換えて2駅です。時間はやはり20分程度です。

 

松山空港が中心部にあり、地下鉄網も発達している事から、観光客の向かう主要な目的地

にはほぼ同程度の時間で到達でき、有名な士林市場(最寄り駅はRの「劍潭」)も同様です。

 

�鋤遊カード(Easy Card)を手に入れよう

 

台北をスマートに旅するためには是非悠遊カード(Easy Card)を手に入れたいところです。

繁体字では悠遊�柑(ヨウヨウカ)と書き、SUICAやPASMOに相当する交通カードです。

 

これがあれば、地下鉄やバスに安く乗れる他、コンビニやレストランでの支払いにも

使えますので、非常に便利です。チャージは地下鉄駅にある機械の他、コンビニでも

対応可能です。

 

地下鉄「松山機場」駅の改札前に券売機が何台か並んでいますが、悠遊カード自体は

売っていません。カードを販売しているのは改札横にある係員のいるブースです。

 

ブースの係員にEasy Cardを買いたいと英語で言えば通じます。念の為、中国語では

「我要賣一張悠遊�柑。」(ウォヤオマイイージャンヨウヨウカ)ですが、声調の問題で

通じにくいと思いますので、英語か筆談がいいでしょう。ちなみに一張は1枚なので

2枚であれば、兩張に言い換える必要があります。

 

カードにはチャージが必要ですが、チャージの意思がうまく伝わらなかったとしても、

券売機の横にカードのチャージ機があり、日本語、英語の表示が可能なので、機会を

使う方がむしろ気楽かもしれません。

 

桃園空港から台北市中心部へ

桃園空港はとても近代的な大型の空港です。

桃園空港は昨年3月に地下鉄が延伸した事により利便性が大きく改善しました。

路線図では薄紫色で表示される桃園空港線が空港地下で直結しています。

 

ANA、JALはターミナル2に到着ですが、地下鉄の案内表示がしっかりしているので、

案内板に従って進めば、ほぼ迷う事はないと思います。

 

桃園空港からはほぼ例外なく、終点の台北駅まで乗る事になるはずです。

注意点は快速電車と普通電車が走っており、快速電車で台北駅までは約40分です。

 

「台北」駅(「臺北車站」駅)への行き方

桃園空港線の終点は台北駅ですが、他の地下鉄で使用する「臺北車站」駅とは若干

離れており、移動距離が割とあります。

 

松山新店線(略称:G、緑色)の「北門」駅の方がむしろ近いかもしれません。

 

「市政府」駅への行き方

台北駅で坂南線(略称:BL)の「南港展覧館」行きに乗り換えて6駅で到着します。

空港からの所要時間は少なくとも1時間強、見ておく必要があります。

 

台北101への行き方

台北駅で淡水信義線(略称:R、赤色)の「象山」行きに乗り換えて7駅です。

桃園空港からは1時間強は見込んでおく必要があります。

 

台北の地下鉄は線の色分けや終点を行き先表示するなど、日本の地下鉄と似ています。

また、線の乗り換えも非常に近く、乗り換えも容易です。

 

駅自体が観光地のそばにあるケースが多く、電車が来る頻度も東京よりもむしろ短いと

思います。駅名表示等も漢字で馴染みやすいので、是非�鋤遊カードを入手して、移動の

足として乗りこなしてほしいものです。

 

台北の空港アクセスについて紹介しました。

コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.