試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
青島から西安まで中国東方航空国内線に搭乗

JUGEMテーマ:中国

 

中国東海岸の山東省青島市から、中国の内陸部、悠久の歴史を誇る

西安まで中国東方航空の国内線を使って移動しました。

 

航空券は出発前に日本で中国東方航空の日本語サイトで予約を行い、

e-ticketを持参しました。

 

予約したのが朝一番のフライトだったため、青島流亭空港そばの

エアポートホテルに前泊し、早朝フライトに備えました。

 

中国で国内線移動を予定している貴方、朝早い又は夜遅いフライトで

青島流亭空港の利用するため、ホテルを探している貴方のために、

フライト予約、エアポートホテルに加え、青島流亭空港国内線の

チェックイン手続を紹介します。

1. 中国東方航空のフライトを予約

中国東海岸の青島市から内陸部の西安に中国国内線で移動しました。

 

利用した航空会社は、中国東方航空(MU)です。中国には東方航空の他に、中国南方

航空という会社もあり、共に国営会社なので実に紛らわしいですが、略称はそれぞれ

東航(ドンハン)と南航(ナンハン)のようです。

 

両社共に日本の複数都市と中国各地の直通便を就航しているので、利用される方も

多い事でしょう。

 

中国東方航空は、デルタ航空、チャイナエアなどが加盟するスカイチームの1社で、

日本ではJALとコードシェアしています。

 

航空券は、出発前に中国東方航空のウェブサイトを使って日本で予約しました。

サイトは日本語対応も行なっているので、中国語が理解できなくとも予約できるのは

素晴らしいのですが、安定性と操作性にやや難があり、結構な時間を費やしました。

 

エコノミーやビジネス等の搭乗クラス、出発時間などにより航空券の価格が変わる

という基本的なシステムは、日本の航空会社と大きく違いませんが、価格設定には

それ以上の要素が加わっており、かなり細かい印象です。

 

例えば、持ち込みできる荷物の重量、予約変更が可能な期間、他社フライトへの

変更の可否など細かい違いによって価格が違うので、かなり選び甲斐があります。

 

往路は青島から西安、復路は西安から上海へのフライトを選択しました。

見処の多い西安観光にできるだけ長い時間を使うため、往路は7:15の朝一フライト、

上海への復路は、夜の到着便を予約しました。

 

価格は、消費税込の円決済で22,560円でした。安いフライトの組み合わせですが、

フライト時間は往復共2時間強なので、同じくらいの飛行時間の羽田-福岡線に比べ、

1/3から半額くらいでしょうか。

 

中国はタクシー、地下鉄、高鉄(新幹線)など、交通機関の料金がとても良心的だと

思いますが、飛行機も例外ではないようです。

 

青島から西安へのフライトだけを見ても東方航空だけでなく、山東航空、海南航空、

四川航空など数多くの航空会社が就航しているので、競争が効いているようです。

 

予約後に東方航空アプリをダウンロードしたところ、メンバーカードが表示されたり、

座席の好み、食事の予約など細かいリクエストができたり、チェックインの機能も

あるので、日本の航空会社と同様アプリを使ったチェックイン手続も可能なようです。

 

但し、初めての利用だった今回は、eチケットを印刷し、中国に持参しました。

 

2. 青島流亭国際空港へ

青島市での予定もほぼ終了し、飛行機に搭乗する前日になりました。

 

中国国内線では、出発2時間前のチェックインを求められているため、朝5時過ぎに

空港に駆け付ける必要がありました。

 

早朝の移動には不安があるので、青島流亭空港そばの青島快通国際酒店(チンダオ

クアイトン・グオジー・ジューディエン)に前泊することにしました。

お値段は、何と4,000円弱と格安でした。

 

搭乗の数日前に、東方航空から離陸時間が10分繰り上げられるとのメールが届き

ました。日本では経験がありませんが、中国では出発時間が前倒しに変更という

パターンがあるんですね。前泊にしておいて本当に良かった。

 

青島市内から空港までリムジンバスで向かいます。

 

空港から市内に入ったコースを逆に辿るだけなので楽勝です。

地下鉄2号線「浮山所」駅そばの青島空港富華ホテルからリムジンバスに乗車します。

フロント右側に、リムジンバスのチケットカウンターがあるので、乗車券を買って、

ロビーでバスの到着を待ちます。料金は20元(300円強)とリーズナブルでした。

バスが到着する直前に、係員が声をかけてくれるので、それを待って大通りに出る

だけです。


空港までの所要時間は約50分です。市内で何箇所かのバス停に寄った後、中心部を

抜けて高速を走ります。

 

中国東方空港(MU)が使うターミナルは、日本からのANA便と同じT2ターミナルです。

到着後、周りを見渡すと、バスが到着したターミナルの2階から、駐車場越しの斜め

左方向に宿泊予定のホテルが見えました。初めてのホテルに泊まる時は場所が確認

できるとホッとします。

前日に空港に来たので、搭乗手続を行うカウンターを確認しておく事にしました。

T2ターミナルに向かって右側からターミナルに入ると、目の前に東方航空(MU)の

チェックインカウンターが並んでいました。


カウンター前には自動チェックイン機が並び、日本の空港と特に違いはありません。

 

3. 青島快通国際酒店へ移動
チェックインの場所を確認したので、ホテルに向かいます。

 

ターミナル内のコンビニを眺めつつ、エスカレーターで1階に降りて、ターミナルの

外に出ます。バス乗り場の向こうに平面駐車場が広がっています。

外周を左に回る方法もありますが、駐車場を突っ切った方が早く行けるでしょう。

ホテルの案内には空港から徒歩9分と書かれていましたが、駐車場を突っ切れば、

5分くらいで到着します。

ホテルはやや老朽化した感じが否めませんが、1晩寝るだけ、更に値段を考えると

何ら問題はありません。

ホテルの敷地に入ってすぐ左には小さな売店があります。

飲み物や、カップ麺くらいならここで買う事ができますが、品揃えが少ないので、

空港内のコンビニで必要な物を買ってホテルに向かうのがいいかもしれません。

 

4. 青島快通国際酒店(Qingdao Kuaitong International Hotel)

ホテルのロビーは広く、左手にレストラン、正面にエレベーターが並んでいます。

 

周辺にレストランを見かけなかったので、ホテル内で食事をする事にしました。

フロントで聞いたところ、レストランは2箇所で、ロビー横の洋食レストランと

エレベーターの先に中華もあるとの事でした。

 

洋食を選びましたが、時間が中途半端だったせいか、他に客はいませんでした。

メニューを開くとステーキ、ピザ、パスタなどなど。どこか20年前くらいの日本の

ファミレスを思い出させるようなメニューです。


炒飯、フライドチキンに青島ビールを注文しました。青島ビールも原汁や生ジョッキ

ではなく、コンビニで売っている普通のビン入りです。

 

可もなく不可もない食事を終えると、早朝フライトに備えて早寝するのみです。

 

部屋は中国のホテルにしては狭く、日本の一般的なビジネスホテルくらいの面積です。

 

ホテルの部屋自体に特に変わった点はないのですが、値札の付いた備品がやけに目に

つきます。イヤホンxx元、USBケーブルxx元というような感じですが、持ってくるの

忘れたから買っておこうという需要が相応にあるのでしょうか?


翌日は4時過ぎに起床しました。さっさと用意を済ませ、フロントにいた眠そうな

女性にチェックアウトの意思を告げます。

 

中国のホテルでは恒例ですが、早朝にも関わらずトランシーバーで客室担当係員に

部屋の備品が無くなっていないかチェックさせます。

 

チェックが終わると追加支払いもなく、あっさりチェックアウトが終了しました。

 

フライト2時間前に空港へ向かいます。

 

早朝5時の空港にはチェックインカウンター前の長椅子に寝転がる人や、スマホに
見入っている人など、早くも乗客が集まっています。

既にチェックインカウンター前に数人が並んでいたので、その後ろに並びました。
カウンターは未だ無人です。しばらく待って5時を過ぎたところで、東方航空の

地上係員がばらばらとカウンターに出てきました。

係員は出て来たものの、受付はなかなか始まりません。

 

カウンター前では、行儀よく1列で並んでいたのですが、後ろにいた乗客の1人が

誰も並んでいない列の先頭に移った途端、保たれていた均衡が一気に崩れました。

 

次から次へと行列を無視して前に出る人が続出し、あっという間に列が複数になり

ました。所謂フォーク並びではなく、カウンターに向かった複数の列です。

 

係員がようやくカウンターで受付を始めたものの、カウンターよりも少ない人数

だったため、行列のいくつかは、無人のカウンターへの行列になりました。

ハズレ列に並んでいた乗客達は、慌てて係員がいるカウンターの列に並び直します。

 

なんだか、空港カウンターのロシアンルーレットみたいです!

長い時間、真面目に並んでいようが、係員のいない列に並んでしまえば、後から

来た人の後ろに並ぶ羽目に。。

 

フォーク並びにすれば、当たり外れなくはるかに公平だと思うのですが。。

並んだ列は幸運にも係員のいる当たり列でした。

列が進み、ようやく前の客が1人だけになりました。ただ、ここからが長かった。。

 

前の乗客は引っ越しですか?と突っ込みたくなるくらい大量のスーツケースを抱えた

老夫婦です。絶対時間かかると警戒しましたが、当然期待を裏切りません。

でかい声でああだこうだと主張し、係員から何か言われると、更にああだこうだと

反論します!いい加減時間が経ち、ようやく1個目のスーツケースにタグが付けられ、

ベルトコンベアで中に運ばれました。

 

そして次の1個も。。いや違う、止まった!

 

次の1個は、どうやら重量が規定をオーバーしているようです。。

アイヤー、あとどれだけ時間かかるんだろう?

するとおじさんは、でかい声で何か叫びながらスーツケースに手を突っ込んで、

荷物を次々と取り出し始めました。マジ!ここでやりますか?

 

あちゃーと思ったら、係員がおじさんに横にどけと。注意されたおじさんは、依然

マイペースでしたが、再度の指導でようやく横にずれてくれました。

やっと順番が回って来ました。

このスーツケース、機内に持ち込めますか?などと係員に聞いていると、さっきの

オジさんが、突然割り込んで来て、おら、これだけ出したからいいだろ!みたいな

アピールを始めました。

ほんと、この人達って他人が話してるとか、全く気にしないよね。。

荷物が機内持込だけだったんだから、はなからチェックイン機を使えば良かった。

カウンターでチケットを受け取り、安全検査に向かいます。
欧米の空港のようにベルトを外したり、靴を脱いだりがないので、てっきり日本式と

思いましたが、やはり違いました。

金属探知機を通った後で台の上に上がらされ、これまで受けたことのないレベルの

入念なボディチェックが待っていました。

 

確かに安全には変えられませんけど。。

出発ロビーに入ってしまえば、日本とほぼ同じプロセスです。
違いは、飛行機への搭乗がフライト40分前と、国際線並みなところでしょうか?

 

5. 中国東方航空国内線

出発の50分前くらいから、搭乗ゲートで次第に行列が出来始めました。

 

機体はA320です。中国でも国内線はこうした小型機が中心なのでしょうか。

 

搭乗は特に日本と違いもないのですが、通路側の席に座っている場合、横を通る客が

荷物を容赦なくぶつけてくるので気をつけましょう。

 

西安空港混雑のため、結局10分遅れで飛び立ちました。

 

シートはシンプルで、座席スクリーンもなければ、USBの差込口もありません。

 

注意点としては、日本ではフライトモードに設定すれば、スマホもタブレットも

自由に使えますが、中国ではタブレットは使用不可のようです。

 

iPadを使っていたら、フライトアテンダントにでかいのはダメだと注意されました。

 

出発して1時間が経過した頃、食事と飲み物のサービスが始まりました。

日本の国内線ではビジネスクラス以上でないと食事が出て来ませんが、この辺りの

感覚は少し前の日本のようです。

 

食事自体は国際線のエコノミークラスのような内容でしたが、出てきた焼きそばが

意外に美味しく、完食してしまいました。

 

約2時間半のフライトで、ほぼ予定通り西安咸陽国際空港に到着しました。

 

西安空港から市内への移動は次に続く。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.