試してリコメン堂♪

中年オヤジが試したコト/モノをオススメするブログ
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
中国旅行でAlipay決済が可能になった

JUGEMテーマ:中国

 

ついに外国人も中国訪問時のAlipay決済が可能になりました!

 

キャッシュレス決済が発達した中国では、スマホさえ持っていれば、

移動も食事も買い物もスイスイとこなすことができます。

 

例え中国語を上手に話せなくても、QRコードが旅行中に発生する

様々なシーンで、旅行者をピンチから助け出してくれます。

 

アリペイは、アリババが提供する中国旅行に必須の決済ツールですが、

ビザなし外国人は中国の銀行口座を開設できないため、その使用に

多大な困難強いられてきました。

 

そんな状況が大きく好転しそうです。

 

日頃使用しているクレジットカードから、アリペイへのチャージが、

ついに解禁されました。

 

このサービスは、中国旅行のハードルは大きく下げてくれそうです。

今回は、アリペイのミニアプリTourPassを紹介します。

1. 中国でのスマホ決済

この数年、日本でもスマホ決済が、世の中に徐々に浸透してきました。

これまでの浸透は緩慢なものでしたが、消費税増税以降、大きな拡がりを見せており、

コンビニ、レストランなど多くの場所で、スマホ決済が可能になりました。

 

しかし、スマホ決済先進国である中国の進化は、日本の大きく先を行っています。

 

買い物での利用はもちろん、地下鉄やバスの乗車、新幹線や観光地のチケット購入も

可能です。更には携帯電話のチャージから公共料金の支払い、はたまた余剰資金の運用

まで、その用途は幅広く、中国の人々にとってAlipayやWeChat Payがない生活は、

考えられないものでしょう。

 

一方、中国を訪れる旅行者にとっても、アリペイなどスマホ決済手段の有無は、旅行の

難易度を大きく変化させる重要なツールです。

 

個人旅行では、レストランでの食事もストレスになりかねませんが、スマホが状況を

劇的に改善してくれました。

 

数年前の時点では、普通に料理を注文し、食べ終わった後にテーブルに貼られた

QRコードをアリペイやWeChat Payで読み取って、代金の支払を行なっていました。

 

この時点では、まだ料理を注文するのに中国語会話力が必要とされていました。

 

しかし、最近では席に着いてQRコードを読み込むと、スマホにメニューが表示され、

写真を見ながら欲しい物を選んで、購入手続きを取るというネットショッピングの

ような流れで注文までこなし、更には代金を前払いさせる店が増えてきました。

 

この場合、後は運ばれてきた料理を食べて、席を立つだけなので、やろうと思えば

一言も言葉を発することなく、食事をすることができます。

 

ただ、こういう店ばかり使っていると、語学力の向上が期待しづらいかも。

 

そんな中国旅行を便利にするアリペイ、WeChat Payの利用も外国人にとっては、

非常に敷居が高いものでした。

 

ビザを持たない外国人は、基本的に銀行口座を作れないため、アリペイとの連携も

直接お金をチャージする手段もなく、誰かにお金を渡して自分に送ってもらうという

かなり煩雑な方法を取る必要がありました。

 

WeChat Payに至っては、最近は中国の銀行口座を持ってないと、マネー機能自体の

アクティベートすらできない状態でした。

 

そんな状況に変化が訪れました。

 

Alipayであれば、中国の銀行口座がなくても日常的に使っているクレジットカードを

連携させる事で、クレジットカードを使ってのプリチャージが可能になりました。

 

2. アリペイTourPass

TourPassは、Alipayのミニプログラムです。

 

これまではアクティベートに使用するだけで、連携ができなかったVISA、MASTER,

AMEXといったインターナショナルカードをアリペイと連携させる事ができます。

 

アリペイにTourPassをセットするのは非常に簡単で、ホーム画面の検索窓にTourPassと

入力すれば、簡単に移動できます。

 

TourPassをクリックすると、お金のチャージ画面に移動します。

 

商品説明を読んでみましょう。

 

お金をプリチャージしておけば、QRコードを使って買い物やレストランでの支払、

交通機関で決済できるようになりますよ、というところですが、これによって人に

頼んでお金を送ってもらう必要がなくなります。

 

 

チャージ金額は、下限100元から上限2,000元までの任意の金額です。

日本のLINE PayやPayPayのチャージ機能とほぼ同じなので、ユーザーにとっては

違和感がないでしょう。

 

初回は、チャージ金額を選んだ上で、個人情報とカードを登録する必要があります。

該当箇所をクリックして、情報を入力していきます。

 

Chinese Visa Photoは、ビザを持ってない場合、パスポートの顔写真ページを

写してアップロードします。

 

クレジットカードは、使えないようもあるようで、VISAカードで登録できました。

 

必要項目の入力が完了できたので、いよいよチャージしてみます。

 

あっという間にチャージが完了しました。

 

注意書きを見ると、このサービスは、上海銀行との提携サービスで、2019年の年末

までは無料とされいます。その後はどうなるんでしょう?ちょっと心配です。

 

チャージ済みのTourPassは、90日間有効で、期限が切れたら自動キャンセルされ、

クレジットカードにリファンドされるようです。

 

90日間だけ有効との事なので、旅行が決まってからチャージを行い、中国旅行の都度

同じ手続きを繰り返すと言う事のようです。

 

ベンダーに支払いの箇所で、お金の支払い元表示を見ると、アリペイ内のチャージ

残高、銀行口座と並列的にTourPassが並んでいるので、使い分けができるようです。

 

TourPass、既にチャージ手段を持っている人にとっては、有り難味が薄いかも

しれませんが、一般的な中国旅行者にとっては、旅行のハードルを劇的に下げる便利な

ツールと言えそうです。

 

WeChat Payにも早く同じようなサービスを出して欲しいですね。

 

中国旅行にアリペイのTourPass、オススメです。

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.